コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インジェ・ミナレ・メドレセ いんじぇみなれめどれせ

世界大百科事典内のインジェ・ミナレ・メドレセの言及

【コニヤ】より

…マドラサには,現在,博物館となっている2イーワーン式のシルチャリ・メドレセ(1242‐43),特色ある大理石のポータルとタイル張りのペンデンティブで知られるビュユク・カラタイ・メドレセ(1251‐52。現,陶器博物館),アラベスクや銘文で豊かに装飾された壮大な石造のポータルを特徴とするインジェ・ミナレ・メドレセ(1258か65‐67。一部は博物館としてセルジューク時代の美術を展示)がある。…

※「インジェ・ミナレ・メドレセ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android