コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インタプリター いんたぷりた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インタプリター

インタプリター型言語のソースコードを、1行ずつオブジェクトコードに変換しながら実行するソフトウェア。1行の記述ごとに実行するため、記述の誤りを発見しやすいという利点があるが、解釈する作業が必要なため、コンパイラーに比べて処理速度が遅くなるという欠点もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のインタプリターの言及

【言語処理系】より

…今日では,さまざまなタイプのプログラミング言語とコンピューターに対し,効率のよい言語処理系が用意されている。 プログラムから機械語への翻訳処理を行う言語処理系をコンパイラー,プログラムを直接に解釈実行する言語処理系をインタプリターという。特定のコンピューターの機械語とは無関係に,中間言語と呼ばれる仮想的な命令言語を設計し,コンパイラーが中間言語に翻訳し,インタプリターが中間言語を直接に解釈実行する中間言語方式も広く行われている。…

※「インタプリター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インタプリターの関連キーワードインタプリター型言語

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android