コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドシアニングリーン

栄養・生化学辞典の解説

インドシアニングリーン

 循環機能検査や肝機能検査に用いられる緑色色素.肝臓に取り込まれ胆汁へと排泄される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のインドシアニングリーンの言及

【色素希釈法】より

…最も多く用いられるのは1回急速注入法で,心臓,肺血管をはさんで注入部位を腕の末梢静脈,記録部位を末梢動脈として実施する。色素は毒性がなく,化学的,光学的な変化を受けにくいインドシアニングリーンが用いられる。記録部位ではキュベットcuvetteと呼ぶ小さな薄い容器(セル)に血液を一定速度で吸引し,色フィルターをつけた光電比色計によって色素希釈曲線を連続的に記録する。…

※「インドシアニングリーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インドシアニングリーンの関連キーワード診断用医薬品色素希釈法ICG

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android