コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドナツメ いんどなつめ

世界大百科事典内のインドナツメの言及

【ナツメ(棗)】より

… ナツメ属Zizyphusは熱帯から温帯域に約40種が広く分布し,それらのうち約半数の種の果実は食用にされた記録がある。インドナツメZ.mauritiana Lam.は市場で果実が売られることもある。【松井 仁】
[薬用]
 ナツメは薬用にもされ,種子は酸棗仁(さんそうにん)とよばれ,脂肪油,トリテルペノイド,サポニンを含む。…

※「インドナツメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インドナツメの関連キーワード安徽(省)ナツメ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android