コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドラロリス いんどらろりす

世界大百科事典内のインドラロリスの言及

【霊長類】より

…そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。現生の原猿につながる化石はきわめて少ないが,インドの鮮新世の地層からはロリス科のインドラロリスIndralorisの化石が知られている。
[分布]
 上述のように化石霊長類は新旧両大陸にまたがって広範な分布を示すが,ヒトを除く現生種の分布域はヨーロッパと北アメリカは含まない。…

※「インドラロリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone