コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド型 いんどがた

世界大百科事典内のインド型の言及

【米】より

…それらの地域では永年の間,主食として膨大な人口を養ってきた。
[種類]
 (1)日本型とインド型 世界の米は日本型とインド型に大別される。この区別はイネの分類からきたもので,日本型は日本およびその周辺から中国北・中部に多く,エジプト,イタリア,スペイン,あるいは北・中・南米にもある。…

※「インド型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インド型の関連キーワードレモングラス油パッタダカル唐竿(唐棹)インド共産党光電子増倍管インディカ米インド憲法イネ(稲)加藤 茂苞加藤茂苞弥生文化カメラ大唐米モスクイネ外米香米浮稲コメラオ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド型の関連情報