コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インプルーブメント方式 いんぷるーぶめんとほうしき

世界大百科事典内のインプルーブメント方式の言及

【スラム・クリアランス】より

…このような事業の限界性に加え,スラムの存在形態自体が変質したこともあって,戦後の事業展開はかなり変容してきている。
[インプルーブメント方式]
 戦後の先進資本主義国では,この事業をめぐって二つの問題がクローズアップしてきている。第1は住宅問題は戦前のように労働者階層固有の問題ではなくなり,各階層に波及したこと,第2は人口と資本の都市集中が一段と激化するなか,土地利用の混合化,過密化,公害多発などにより問題地区が多様化したことである。…

※「インプルーブメント方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone