コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーラーニー,E.M. いーらーにー

世界大百科事典内のイーラーニー,E.M.の言及

【インド映画】より

…その後,ボンベイ(リュミエール兄弟の〈シネマトグラフ〉が1896年に輸入され,初めて上映されたのもこの都市)を中心に,映画の製作はしだいに盛んになり,サイレント期の終りころには毎年20本ほどが作られるようになったが,まだ(1926年の時点では)外国映画(おもにアメリカ映画)が85%を占める状態だった。 31年に初めてのトーキー作品,アールデーシル・M.イーラーニー監督《世界の美(アーラム・アラー)》がヒンディー語で製作された。複雑な言語構成をもつインドでは,サイレント時代には公用語の英語のほかに三つも四つもの言語による字幕が同時に出されていたが,トーキー時代になると国中でもっとも広範に理解される言語,ヒンディー語の映画が多くの観客を集めることになり,外国映画を圧倒した。…

※「イーラーニー,E.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone