ウィルクス,M.(読み)うぃるくす

世界大百科事典内のウィルクス,M.の言及

【コンピューター】より

…純電子的であることにより,ENIACはMark Iの約1000倍の速度を達成したが,メモリーは10桁の数のレジスターが20個であった。 ENIACの開発中からコンピューターに深い興味を示したフォン・ノイマンは,完全なプログラム内蔵方式を具現するEDVACの開発に参画したが,先に完成したのは,モーリス・ウィルクスMaurice WilkesによるEDSACである(1949年)。本項目で述べた意味での最初のコンピューターはEDSACである。…

※「ウィルクス,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android