コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソン,K.G. うぃるそん

世界大百科事典内のウィルソン,K.G.の言及

【臨界現象】より

…その特徴は,いくつかの物理量の拡張された同次式になっており,自己相似な構造をもっていることにある。この現象論にミクロな内容を与えたのが,K.G.ウィルソンで,彼の方法は,くり込み群の理論と呼ばれ,多くの多体問題に使われつつある。これは,いわば,多体系の自由度を少しずつ消去し(くり込みの手法),それによって物理量の漸化式を作り,その固定点とそれへの近づき方から臨界点と臨界指数を求める方法である。…

※「ウィルソン,K.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android