コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンブルドン選手権 うぃんぶるどんせんしゅけんWimbledon Championships

2件 の用語解説(ウィンブルドン選手権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ウィンブルドン選手権

ウィンブルドンは英国ロンドン郊外の地名で、同地にあるオールイングランド・ローンテニス・クリケットクラブにおいて毎年開催される最も古いテニス選手権。テニスの起源はフランスの宮廷娯楽ジュ・ド・ポームにあり、英国の産業革命によるゴムボールと芝刈り機の出現でローンテニスが誕生。1877年にウィンブルドンで第1回の選手権が行われた。1968年にオープン化。1976年から5連覇したビヨン・ボルグ(スウェーデン)の出現で世界的な人気を呼び、日本でも1975年に沢松和子がアン・キヨムラ(米)とのペアで優勝し話題になった。日本選手では、2003年に杉山愛がキム・クライシュテルス(ベルギー)とのペアで優勝、シングルスでは1996年の伊達公子によるベスト4が最高。男子の優勝記録はピートサンプラス(米)の通算7度。なお、ロジャー・フェデラー(スイス)が2003年から5連覇を続けている。また、ウィンブルドンも07年から男女の賞金が同額になり、4大大会の足並みがそろった。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンブルドン選手権の関連情報