ウィームズ,M.L.(読み)うぃーむず

世界大百科事典内のウィームズ,M.L.の言及

【ワシントン】より

…そうしたアメリカ建国の父として,一般的に日本国民の尊敬の対象となる。ことにアメリカ国内でワシントンが神格化され,ウィームズMason Locke Weems(通称パーソン・ウィームズ)の伝記(1800ころ)による桜の木のエピソード(真実ではない)が日本にも広まり,誠実の士ワシントンというイメージが定着する。ただし,日本〈近代化〉のモデルが,アメリカよりヨーロッパに求められるや,ワシントンも,大衆の英雄でも研究の対象でもなく,単にアメリカ建国の父,一人の歴史上の人物として位置づけられるにとどまったといえよう。…

※「ウィームズ,M.L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android