ウェジール(読み)うぇじーる

世界大百科事典内のウェジールの言及

【ワジール】より

…したがって支配階級のアミールたちからは,従属的な職掌とみなされて,よく評価されない傾向があった。 オスマン帝国のワジール(ウェジールvezir)職は最初セルジューク朝のそれを引き継いだものであったが,14世紀の後半になると,この称号は複数の人物に与えられ,それぞれの権限も限定されたものとなった。しかし1360年代初めには,その第1ウェジールvezir‐i azamに当たる者を大宰相とする制度が生まれ,やがてはスルタンに代わって,行政と軍事の国政全般を処理する者となった。…

※「ウェジール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android