ウェルニッケ失語(読み)ウェルニッケしつご

大辞林 第三版の解説

ウェルニッケしつご【ウェルニッケ失語】

失語症のうち、言語の表出面に比べて理解面(聞いた言葉の意味を理解するなど)の障害が重いもの。流暢性失語。感覚性失語。受容性失語。後方型失語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のウェルニッケ失語の言及

【失語症】より

…左前頭葉の損傷で起こる。
[ウェルニッケ失語(感覚性失語)]
 話し言葉の表出は流暢で,失文法もないが,字性錯語や語性錯語が多い。このように流暢ではあるが字性錯語や語性錯語,新造語が多くて理解できない話し方をジャーゴンjargonと呼ぶ。…

※「ウェルニッケ失語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android