コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェードマン,C. うぇーどまん

世界大百科事典内のウェードマン,C.の言及

【モダン・ダンス】より

…ともに15年デニショーン舞踊学校を創立し,ここではフランスの音楽教育家デルサルトFrançois Delsarte(1811‐71)のジェスチャー(身振り)を重視する理論を根底にした舞踊教育を行った。この門下からグラーム,D.ハンフリー,ウェードマンCharles Weidman(1901‐75)ら今日のアメリカのモダン・ダンスを形成する先覚者たちを生んだ。とくにグラームはその後最も大きな影響力をもった。…

※「ウェードマン,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android