コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーネルト,B. うぇーねると

世界大百科事典内のウェーネルト,B.の言及

【傷ホルモン】より

…彼らは,傷ついた部位に細胞分裂を引き起こす物質は2種類あり,傷ついた細胞自身からくるもの(傷ホルモン)と維管束からくるもの(レプトホルモンleptohormone)とがあるという。 1927年にハーバーラントの弟子ウェーネルトB.Wehneltが,インゲンマメの未熟な果実の莢(さや)から種子を取り去り,莢の内側に試料液を塗るとそこが盛り上がってくる反応で,このホルモンを生物学的に定量する方法をみつけて以来,物質を分離,同定する研究が急速に進んだ。この方法を使ってアメリカのイングリッシュJ.Englishらはこのときの材料として使われる莢自身に傷ホルモンが存在することを見いだし,39年にその物質を結晶として単離し,トラウマチン酸traumatic acid(⊿1‐decene‐1,10‐dicarboxylic acid,HOOC-CH=CH-(CH2)8-COOH)と同定した。…

※「ウェーネルト,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone