コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーバー=フェヒナーの式 うぇーばーふぇひなーのしき

世界大百科事典内のウェーバー=フェヒナーの式の言及

【感覚】より

…絶対閾は,光覚で10-8μW,音の強さ10-10μW/cm2(このとき鼓膜を10-9cm足らず動かすにすぎない)などである。感覚の大きさと,刺激の強さの関係を示す式として,ウェーバー=フェヒナーの式とスティーブンスS.S.Stevensが提唱したスティーブンスのべき関数が知られている。感覚の大きさをR,刺激の強さをI,刺激閾をI0とすると, RKlogIC (ウェーバー=フェヒナーの式)  RK(II0)n (スティーブンスのべき関数) ともにKCは定数である。…

※「ウェーバー=フェヒナーの式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android