コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーラー,A. うぇーらー

世界大百科事典内のウェーラー,A.の言及

【薬】より

…近代化学,ことに近代有機化学の発祥をこの時代に求める化学史家は多い。19世紀中葉に,A.ウェーラーによって無機化合物アンモニアと炭酸ガスから尿素(有機化合物)が合成されたのを契機に,あらゆる有機化合物もフラスコ内で合成可能な対象と考えられるようになった。これが近代有機合成化学の発祥であり,現代のおびただしい医薬品,農薬,化学工業製品の時代もこれから始まったということができよう。…

※「ウェーラー,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone