コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーラー,A. うぇーらー

世界大百科事典内のウェーラー,A.の言及

【薬】より

…近代化学,ことに近代有機化学の発祥をこの時代に求める化学史家は多い。19世紀中葉に,A.ウェーラーによって無機化合物アンモニアと炭酸ガスから尿素(有機化合物)が合成されたのを契機に,あらゆる有機化合物もフラスコ内で合成可能な対象と考えられるようになった。これが近代有機合成化学の発祥であり,現代のおびただしい医薬品,農薬,化学工業製品の時代もこれから始まったということができよう。…

※「ウェーラー,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android