コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルトン,E.T.S. うぉるとん

世界大百科事典内のウォルトン,E.T.S.の言及

【核反応】より

…この発見に基づいて,ただちにW.ハイゼンベルクとD.D.イワネンコは,それぞれ独立に原子核は陽子と中性子とからなる多体系であるという考えを提唱し,原子核物理学の基盤を確立した。同じ年,J.D.コッククロフトとE.T.S.ウォルトンは,自ら作製した加速器で加速した陽子をリチウムにあてることによって,完全に人工的に核反応を起こさせることに成功した。この成功は,加速器で加速した粒子を用いて従来よりもずっと容易に多種多様な核反応を起こし,原子核物理学さらには素粒子物理学の研究を推し進める出発点となった。…

※「ウォルトン,E.T.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android