コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフ,B. うぉるふ

世界大百科事典内のウォルフ,B.の言及

【オランダ文学】より

… 続く18世紀の詩人,作家はこぞってフォンデルなどの先人の作品,とくにフランスの古典主義の模倣と追従に終始して,文学活動は著しく沈滞した。しかしそのなかで,モリエールにならったランゲンデイクPieter Langendijk(1683‐1756)の喜劇《結婚詐欺》(1714),イギリスのJ.アディソン,スティールを手本としたエッフェンJustus van Effen(1684‐1735)の随筆《オランダのスペクテーター》(1731‐35),2人の女流作家ウォルフBetje Wolff(1738‐1804)とデーケンAagje Deken(1741‐1804)の共同執筆による書簡体小説《サラ・ブルヘルハルト》(1782)などが注目を引く。また,フランス革命の影響によるオランダのフランス服属という民族受難のこの時期(1795‐1813)に,抒情詩《祈り》(1796),戯曲《フローリス5世》(1808)などを書いたビルデルデイクは,オランダ・ロマン主義の先駆として重要な役割を演じた。…

※「ウォルフ,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone