コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフェンビュッテル うぉるふぇんびゅってる

世界大百科事典内のウォルフェンビュッテルの言及

【ブラウンシュワイク】より

…13世紀に入ると,商人・手工業者市区の住民たちは,共同体的結集を強めて都市君主から自治権を獲得し,14世紀にはハンザ同盟に加わったほか,ザクセン都市同盟の中心として活躍した。その間,大公領の首都機能は12km南方のウォルフェンビュッテルWolfenbüttelに移り,中世末期には都市内部の深刻な争いが繰り返されて衰えたが,三十年戦争後に再び大公領の首都となり,18世紀中葉には新たな隆盛期を迎えた。【山田 欣吾】
[美術]
 ハインリヒ獅子公によって1173‐95年,3廊式バシリカとして建立された大聖堂は,ニーダーザクセンにおける最古のボールト架構建築であった。…

※「ウォルフェンビュッテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウォルフェンビュッテルの関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)クリスティアン・フォン・ブラウンシュワイクアントン・ウルリヒ公爵ハインリヒ・ユリウスブレンウェーバーローゼンミュラープレトリウスエルスターアビソラーベ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android