コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォロゲシア うぉろげしあ

世界大百科事典内のウォロゲシアの言及

【パルティア】より

…ウォロゲセス1世Vologeses I(在位51‐76か80)も弟ティリダテスTiridatesをアルメニア王にして,同国を勢力下においた。彼はパフラビー文字を使用した貨幣の発行,ギリシア系都市セレウキアに対抗したウォロゲシアVologesiaの建設など,民族主義的な政策を採ったことで知られる。治世末に諸王子間に王位継承の争いが起こり,以後2人ないし3人の王が分立する長い内乱時代(77か78‐147)に入った。…

※「ウォロゲシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android