ウケザキクンシラン(読み)うけざきくんしらん

世界大百科事典内のウケザキクンシランの言及

【クンシラン(君子蘭)】より

…南アフリカ原産のヒガンバナ科の多年草。3種を含む小さな属であるが,そのうち一般にクンシランの名で呼ばれるウケザキクンシラン(一名オオバナクンシラン,またはハナラン)C.miniata Regel(英名Kaffir lily)(イラスト)が園芸的に重要な観賞植物となっている。クンシランの名は,最初はC.nobilis Lindl.に対する和名として使われたが,この種は一般には栽培されていない。…

※「ウケザキクンシラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android