コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウゲン・ウォンチュック うげんうぉんちゅっく

世界大百科事典内のウゲン・ウォンチュックの言及

【ブータン】より

…同年のシンチュラ条約により同地方は英領インドに編入され,ブータン領土は山岳地方に押し込められることとなった。 1907年にはトンサの領主ウゲン・ウォンチュックUgyen Wangchukが法王を兼ねる一元的な支配者となって現王朝を創始し,ドゥルック・ギャルポ(国王)と称した。これにより俗権的権力の優位性が確立するとともに,それまでの群雄割拠体制に終止符を打った。…

※「ウゲン・ウォンチュック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウゲン・ウォンチュックの関連キーワードブータン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android