コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウシュリー うしゅりー

世界大百科事典内のウシュリーの言及

【ウシュル】より

…大征服時代になって,征服地で土地に課税されるようになると,マワーリーとジンミーの土地から収穫のほぼ半分に当たる地租ハラージュが徴収されたのに対し,アラブ・ムスリムの所有地からは,ウシュルが徴収されたにすぎなかった。のちアラブ・ムスリムにもハラージュが課せられるようになったが,特権的なアラブ・ムスリムの私有地や,カリフや総督から授与されたダイア(私領地)やカティーア(分与地)はウシュリー(ウシュル地)として,ウシュルを支払うだけでよいとされたが,アッバース朝時代にウシュリーは,しだいに廃止されていった。マクス【嶋田 襄平】。…

※「ウシュリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android