ウスイロヒョウモンモドキ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウスイロヒョウモンモドキ

約2~2・6センチで、高原に生息する。環境省レッドデータブックで、絶滅危惧種一類に分類されており、生息地は鳥取、岡山、島根など全国で10カ所足らず。県内では鳥取市佐治町、三朝町江府町で生息が確認されているが、いずれも規模は小さい。

(2011-06-11 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内のウスイロヒョウモンモドキの言及

【ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)】より

…日本産のヒョウモンモドキ類には3種があるが,本州に限られ,しかも局地的分布をする。コヒョウモンモドキは長野県を中心とする山岳地帯に,ウスイロヒョウモンモドキは中国地方の草原に局限される。ヒョウモンモドキは本州各地に分布するが普通種ではない。…

※「ウスイロヒョウモンモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウスイロヒョウモンモドキの関連情報