コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミアリク うみありく

世界大百科事典内のウミアリクの言及

【エスキモー】より

…交易などのためにかなりの人口が一定の場所に季節的に集まることはあったが,エスキモーの基本的な社会集団の単位は小さく,数家族からなる季節的に遊動する小バンドであった。しかし,北西アラスカでは,ウミアリクとよばれる捕鯨の指導者を中心に,かなりの数の労働集団が構成されていた。 伝統的な冬の海への適応と内陸のカリブー猟がどのくらい古くから成立していたかを求めて,F.レーニー,H.B.コリンズ,J.L.ギディングス,D.デュモンらにより考古学的調査が行われてきた。…

※「ウミアリク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone