コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジカフカス鉄道 うらじかふかすてつどう

世界大百科事典内のウラジカフカス鉄道の言及

【北オセティア[共和国]】より

…1784年要塞ウラジカフカスを建設し,カフカス諸民族への軍事的支配の拠点とした。1875年ウラジカフカス鉄道(ウラジカフカス~ロストフ間)が完成し,この地方の経済は大きな発展期を迎える。十月革命後は反革命軍のデニキン軍等との激しい内戦の末,1920年3月赤軍により解放され,ソビエト政権が樹立された。…

※「ウラジカフカス鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android