コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウランの再転換過程 うらんのさいてんかんかてい

世界大百科事典内のウランの再転換過程の言及

【核燃料サイクル】より

ウラン濃縮
[燃料の成形・加工]
 濃縮されたばかりの濃縮ウランはUF6の形をしているが,原子炉では二酸化ウランUO2の形で用いられる。気体状のUF6を粉末状のUO2に変えることをウランの再転換過程という。再転換ののち各原子炉の仕様によって決められる燃料形態までに組み上げることを成形・加工過程という。…

※「ウランの再転換過程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android