コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルのスタンダード うるのすたんだーど

世界大百科事典内のウルのスタンダードの言及

【シュメール美術】より

…また木製の土台の上にピッチをおき,貴石,貝殻,ラピスラズリなどをはめこんで意匠を表す象嵌技術が,多くの作品に応用された。〈ウルのスタンダード〉はこの技法を用い,横長の画面の表裏を図柄で飾ったパネルである。そこには帯状に仕切られた各段に,戦闘,勝利,祝宴などの場面を説話風に描出する,メソポタミア独特の表現様式が見られる。…

【象嵌】より

…【香取 忠彦】
[西洋,オリエント]
 象嵌の技法は先史メソポタミアやエジプトに続くギリシア,ローマ以来,今日まで西洋でも多方面に用いられている。最古の遺品の一つには前2750年ごろと推定される〈ウルのスタンダード〉(大英博物館)がある。これは地を青色のラピスラズリで埋め,その中に白い貝殻で人物や動物像を,また縁取りに赤色石灰岩を嵌め込んだものである。…

※「ウルのスタンダード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルのスタンダードの関連情報