コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルピア うるぴあ

世界大百科事典内のウルピアの言及

【ソフィア】より

… ヨーロッパでもっとも古い町の一つで,市内には前4世紀のトラキア人によってつくられた集落の遺跡も残っている。ローマ時代には皇帝トラヤヌス(在位98‐117)が自分の家名にちなんでウルピアUlpiaと名付けた。3世紀にはセルディカSerdicaと呼ばれ,東方に展開したローマ帝国の一中心地となった。…

※「ウルピア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルピアの関連キーワードパウルス(Julius Paulus)アレクサンデル・セウェルスセプティミウス・セウェルス各人に彼のものをユリア・ママエアウルピアヌスローマ法大全パピニアヌスモデスチヌスセウェルスパウルス引用法図書館法学正義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android