コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーゴ・ダ・カルピ うーごだかるぴ

世界大百科事典内のウーゴ・ダ・カルピの言及

【キアロスクーロ】より

…色刷木版画の一種で,単色の濃淡またはそれに近い数色の濃淡を2枚以上(4~6枚が多い)の版を用いて明暗効果をだすもの。ドイツでは1507‐10年にクラーナハ,ブルクマイアによってつくられ,それと別個にイタリアではウーゴ・ダ・カルピUgo da Carpi(1450ころ‐1527ころ)がベネチアで1516年に特許を申請している。ドイツ系のものは完成した図の版に明暗だけの版を加えたものが多く,これもカマイユと呼んだ。…

※「ウーゴ・ダ・カルピ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウーゴ・ダ・カルピの関連キーワード木版画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android