コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウースター・ジャパン うーすたーじゃぱん

世界大百科事典内のウースター・ジャパンの言及

【ウースター磁器】より

…素地はコーンウォールに豊富に産するソープ・ロック(凍石)を用いた軟質soft paste磁器。初期の装飾様式は日本の柿右衛門手や伊万里磁器を自由にまねた,〈ウースター・ジャパン〉と呼ばれたものが知られるが,1760年以降はセーブルやマイセンの影響を受けたロココ風の優雅な人物や田園風景のものが顕著となり,さらにその世紀末から19世紀初頭にかけては,その時代の趣味を反映して,新古典的な人物の置物や部分的に金彩を縁どりした端正な磁器が多量に製作された。また,ここでは1757年にロバート・ハンコックが絵付けに銅版転写を採用し,早くから磁器の大量生産に努めた。…

※「ウースター・ジャパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone