ウーリー物語(読み)うーりーものがたり

世界大百科事典内のウーリー物語の言及

【ゴットヘルフ】より

…ベルリンのシュプリンガー書店刊の彼の作品のドイツ語訳は北ドイツのプロテスタントに歓迎され,版を重ねて,G.ケラーを羨望させた。作品は邦訳のある《ウーリー物語Uri der Knecht》(1841),《黒い蜘蛛》(1842),《奇妙な下女エルジー》(1843)のほか,《農民の鏡》(1837),《小作人ウーリー》(1849)など多数。全40巻の全集がある。…

※「ウーリー物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android