コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エエロベーン ええろべーん

世界大百科事典内のエエロベーンの言及

【風向計】より

…以前には,風向計と風速計とはそれぞれ独立の器械として作られていたが,最近はこの両者を組み合わせた風向風速計が使用されるようになった。最も広く使われているのは風車型風向風速計である(商標名エエロベーン,コーシンベーンなど)。これは飛行機の胴体と垂直尾翼とを思わせる部分の前端にプロペラに似ている風車を取り付け,この胴体を鉛直軸の回りに自由に回転できるようにしたものである。…

※「エエロベーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android