コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリノスラフ えかちぇりのすらふ

世界大百科事典内のエカチェリノスラフの言及

【ドニエプロペトロフスク】より

…人口118万9000(1991)。1796年までと1802年から1926年までエカチェリノスラフEkaterinoslav,1796年から1802年までノボロシースクNovorossiiskと呼ばれた。市の起源は1783年で,1884年に石炭の大産地ドネツ炭田と鉄鉱の産地クリボイ・ログおよび黒海を結ぶ鉄道が開通してから工業が急速に発展した。…

※「エカチェリノスラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エカチェリノスラフの関連キーワードクリメント ボロシーロフドニエプロペトロフスクS. ロゾフスキーピアティゴルスキーネストル マフノウォロシーロフブラバツキーロゾフスキーガルシンマフノ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android