コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクル 〈フランス〉écru

世界大百科事典内のエクルの言及

【ニップール】より

…古代シュメール地方の北部に位置し,前4千年紀後半のウルク期にはすでに都市的規模にまで発展していたらしい。シュメールの最高神エンリルの神殿エクルEkurが存在していたことから,シュメールの聖地として崇敬の対象とされ,前3千年紀の政治史のなかで特異な役割を果たした。また前2千年紀初頭のバビロン第1王朝時代に書かれた多数のシュメール文学に関する粘土板文書が出土している。…

※「エクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エクルの関連キーワードセーフハウス 狙われた家族エーブラハム カハーンマンキエ・エクルオ事件シャクシャインの戦いバーナード カッツセール・シャークスシャドウ・ラインサエクルムの祭典エクルベージュエクルートナニップールハスキソンハクスリーカーライルホジキンセッドン田原桂一エクルズオニビシブラウザ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android