コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクレシア(キリスト教) えくれしあ

世界大百科事典内のエクレシア(キリスト教)の言及

【キリスト教美術】より

…各時代,各社会のキリスト教美術家たちは,この意味でそれぞれその時代の民衆の宗教生活に深く寄与すべき義務をもっていたわけであるが,彼らがすべてその義務を果たしたとはいえず,またその寄与のしかたも一様ではなかった。
[キリスト教建築]
 キリスト教の聖堂(教会)を意味するヨーロッパ各国語は,ギリシア語のエクレシアekklēsia(集会または集会所)およびキュリアコスkyriakos(神に属するもの)の二つに由来する。聖堂は信徒の集会所であるが,またそれは神の家でもある。…

【シナゴーグ】より

…初期シナゴーグ音楽のグレゴリオ聖歌への影響はとくに重要である。ユダヤ音楽【水野 信男】
[寓意表現]
 12世紀中ごろ以降,キリスト教会堂の装飾にシナゴーグ(ユダヤ教会)とエクレシアekklēsia,ecclesia(キリスト教会)を対比させた,寓意的女性像の表現があらわれる。通常シナゴーグはベールで目隠しをし,手には折れた槍を持つ。…

※「エクレシア(キリスト教)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone