コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスノナショナリズム えすのなしょなりずむethnonationalism

知恵蔵の解説

エスノナショナリズム

共通の言語・文化・生活様式をもつエスニック(民族)集団が、自らの手で独立国家を建設しようとする考え。とりわけ冷戦終結から今世紀にかけてエスノナショナリズムの台頭は著しく、1990年代初頭の旧ユーゴスラビア連邦の解体、2002年のインドネシアからの東ティモール独立などをもたらした。最近では、ロシア連邦チェチェン共和国、中国の新疆ウイグル・チベット両自治区などで、その高揚による独立の動きが拡大しているが、いずれもイスラム教やラマ(チベット仏教)などの宗教によって結びついている点が特徴的である。 かつて19世紀の西欧世界は、優勝劣敗の論理にもとづく社会ダーウィニズムの思想が支配的であった。これは白人が劣った他民族を支配するという考えに正当性を与え、やがてナチズムの台頭を促すことになった。国際社会はその反省のもと、行き過ぎた自民族中心主義進歩主義の論理を否定し、各民族がもつ多様な文化の価値を互いに尊重し合おうとする文化相対主義を確認するようになったのである。その後、こうした異文化尊重の思想は民族自決を求めるエスノナショナリズムの動きを後押しすることになった。しかし過剰なエスノナショナリズムは、一部のイスラム過激派によるテロ行為見られるように、しばしば他民族との共存を拒否する排他的なエスノセントリズム(自民族中心主義)に結びついてしまう。また、シオニズムによるイスラエル建国がパレスチナ紛争を引き起こし、国際社会がいまだ有効な解決策を見いだせていないように、エスノナショナリズムの結実がときに国際秩序安定の障壁になることも否定できない。

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

大辞林 第三版の解説

エスノナショナリズム【ethnonationalism】

国民国家の枠内で他の民族集団と混在してきた少数民族集団が、自民族による国家を形成しようとする運動。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報