コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エス・サヘリ えすさへり

世界大百科事典内のエス・サヘリの言及

【マリ帝国】より

…マリは,その版図の東部のソンガイ族が15世紀中ごろから勢力を伸ばすにつれて衰退したが,ソンガイ帝国支配下の地方勢力としては存続した。【川田 順造】
[美術]
 マンサ・ムーサはメッカで,スペインのアンダルシア出身の詩人・建築家エス・サヘリEs Saheriに会い,彼を帝国に連れて帰った。エス・サヘリは,トンブクトゥに大きなモスクやマンサ・ムーサの宮殿を建てた。…

※「エス・サヘリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android