コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾノリュウキンカ えぞのりゅうきんか

世界大百科事典内のエゾノリュウキンカの言及

【リュウキンカ】より

…種としては北半球の温帯以北に広く分布し,きわめて変異が多く,ときには多くの種に分けられるが,区別は困難である。花が大型で,東北地方,北海道,千島,サハリンなどに分布するエゾノリュウキンカvar. barthei Hanceは,ヨーロッパの基本変種C.palustris L.var.palustris(英名marsh marigold,cowslip,goldcup)と区別できない。【田村 道夫】。…

※「エゾノリュウキンカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾノリュウキンカの関連キーワードリュウキンカ蝦夷琉金花谷地蕗

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エゾノリュウキンカの関連情報