エダウチフウセンモ(読み)えだうちふうせんも

世界大百科事典内のエダウチフウセンモの言及

【フウセンモ(風船藻)】より

…体が緑色であるので,一見緑藻類を思わせるが,鞭毛の1本が羽形構造であること,光合成色素にクロロフィルbがないこと,貯蔵物質がデンプンでなく油であることなどから黄緑藻綱に分類される。近縁の種エダウチフウセンモB.divisum Iyengarは,囊状部が棍棒状であること,基部近くで分岐することで区別される。【千原 光雄】。…

※「エダウチフウセンモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android