コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッペンシュタインの原理 えっぺんしゅたいんのげんり

世界大百科事典内のエッペンシュタインの原理の言及

【測長器】より

…標準尺をベッド内に固定して,図2に示すように,往復台には標準尺検出用光学系をもった測長器もある。図1に示す測長器はアッベの原理を満足し,図2に示す測長器はエッペンシュタインの原理を満足する構造となっている。アッベの原理とは,ベッドの非真直性に基づく往復台の測定軸線からの角偏差による測定誤差を無視できるように,測定軸線と標準尺の目盛面とを同一直線上に配置することをいう。…

※「エッペンシュタインの原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android