コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エトルリアの石棺 えとるりあのせっかん

世界大百科事典内のエトルリアの石棺の言及

【石棺】より

…また,前3世紀以後のローマ共和政下の貴族のものとしては,スキピオ家の墓所とその石棺群が好例であろう。そのほか,ローマ周辺では,古くは,蓋に横たわる夫婦像を丸彫にしたエトルリアの石棺(前6世紀ころ),新しくは,キリスト教の普及に伴い聖書や受難に題材をとったフランスのアルルの〈使徒の石棺〉(5世紀)などがよく知られている。 西アジアでは,アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世以下の諸王が,ペルセポリス周辺に十字形磨崖陵墓を営んでいるが,そこでは岩壁にうがたれた墓室に石棺が造り出されている。…

※「エトルリアの石棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone