エナガラス(読み)えながらす

世界大百科事典内のエナガラスの言及

【ジグモンディ】より

…最初ウィーンに学び,ミュンヘン大学で有機化学を学び,ベルリンで物理学者クントA.A.Kundtの助手,グラーツの工業大学私講師を経て,イェーナのショットSchott・ガラス会社に入ったのち,ゲッティンゲン大学教授(1907‐27)。ガラス会社で色ガラスや不透明ガラスを研究し,有名なエナガラスJenaer Glas(商品名)を発明したが,その間に金の赤色コロイド溶液とルビー色ガラスの類似からコロイドに興味をもち,金のコロイド溶液を研究し,ガラス表面を着色するために古くから用いられた〈カシウス紫purple of Cassius〉が細かい金の粒子とスズ酸の混合物であることを示した(1898)。コロイド溶液の側面から光をあて顕微鏡で見る装置をくふうし(1900),ジーデントップH.F.W.Siedentopfとともにそれを改良し限外顕微鏡を発明(1903),コロイド溶液が分子運動論の成立する不均一系懸濁液であることが明確になった。…

※「エナガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android