コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エナメル・ガラス えなめるがらす

世界大百科事典内のエナメル・ガラスの言及

【イスラム美術】より

…これは,白色のガラスの糸を容器の溶けた軟らかい表面に巻きつけ,櫛で波状にアクセントをつけてから,石棒で器面に押しつける技法である。もう一つは12世紀末期ころから盛んになったエナメル・ガラスである。8色以上のエナメルと鍍金を施し,2度の焼成でこれを定着させる新しい手法は,もっぱらシリアのアレッポとダマスクスで発達した。…

※「エナメル・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報