コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー要素 えねるぎーようそ

世界大百科事典内のエネルギー要素の言及

【プランク】より

…ところが完全だと思われていたウィーンの公式が長波長領域において実験と異なることがH.ルーベンスらによって指摘され,プランクは再検討を余儀なくされた。1900年10月,内挿法によって実験と一致する新分布式(プランクの放射則)を発表,その後ボルツマンの熱力学の原子論的解釈に従ってエントロピーを検討し,エネルギー要素ε=hν(hはプランク定数,νは振動数)という概念を導入,共鳴子の放射の吸収・放出は,このエネルギー要素の整数倍でしか起こらないとする量子仮説によって新分布式を理論的に基礎づけ,同年12月,これを発表した。プランクの成功は,電気的な実験測定手段の新段階に負うた実験的結果を踏まえ,熱放射固有の実在から規定される原理(分布則)に対して,理論的に基礎づけるにふさわしい方法を意識的に追求していったところにある。…

※「エネルギー要素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android