エピフロニティス(読み)えぴふろにてぃす

世界大百科事典内のエピフロニティスの言及

【エピデンドルム】より

…種間交配はあまりなく,属間交配は多い。カトレア属との間にはエピカトレアEpicattleyaレリア属との間にはエピレリアEpilealia,ソフロニティス属との間にはエピフロニティスEpiphronitisなどが育成されている。越冬は7~8℃以上必要で,春から秋までは戸外の寒冷紗下で肥培する。…

※「エピフロニティス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる