エフィラ亜綱(読み)えふぃらあこう

世界大百科事典内のエフィラ亜綱の言及

【ハチクラゲ類(鉢水母類)】より

…生活環は複雑で1世代に有性的な生殖を行うときと無性的にエフィラを生じてふえるときの両方をもつ場合(世代交代)とクラゲ型のみで繁殖する場合とがある。 ハチポリプ亜綱Scyphostomidaeとエフィラ亜綱Ephyridaeとに分けられる。ハチポリプ亜綱はクラゲ型のみで,世代交代はせず,ジュウモンジ(十文字)クラゲ目Stauromedusaeと立方クラゲ目Cubomedusaeとを含む。…

※「エフィラ亜綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android