コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフラックス えふらっくす

世界大百科事典内のエフラックスの言及

【コイサン語族】より

… コイサン語族の特徴はクリックclick音(吸着音,舌打音)の存在である。クリック音は声道中の軟口蓋と奥舌による閉鎖とその前方の閉鎖の二つによってつくられる室(しつ)を舌の調節により拡大し,室の空気圧を低下させることによる外気の室への流入によって生ずる鋭い破擦音(クリック,インフラックスinflux)と,この前方の閉鎖以外の調音と呼気によって生じクリックに直続して起こる音(クリック・アカンパニメントclick accompaniment,エフラックスefflux)より成る。前方の閉鎖の調音と室の破裂する場所により,クリック(インフラックス)は[◎](両唇),[/](歯茎・舌端),[≠](歯茎・舌端前舌),[](硬口蓋・前舌),[!](歯茎硬口蓋・前舌)の5種に分類される。…

※「エフラックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android